ドイツ 自営業者に大きな負担となる健康保険料

今年から一昨年の収入に応じて
健康保険料がぐっと上がってしまったのを機に、
自営業者にとってのドイツ健康保険について
見直してみることにしました。

ちなみにドイツで企業に就職する場合には
ドイツの法定健康保険に加入する義務があります。
(旅行保険は×)


最低査定収入額の変更とその背景

 

まず基本情報として自営業者は、
健康保険に加入することが義務となっており、
法定健康保険の場合
健康保険に平均 14%、
子供がいない場合の介護保険に 2.8%、
子供がいる場合は 2.55%、
さらに保険料として 1.1% を負担します。

ネットで検索すると自営業者の収入に応じて
保険料を算定してくれるサイトがあります。
どの保険会社でも金額にそれほど差はないので、
一例としてTechniker Krankenkasseのページを
載せておきます。

https://www.tk.de/service/app/2004108/beitragsrechner/selbststaendigeRechner.app

例えば毎月の収入が1500ユーロで
23歳以上、子供がいる場合の
保険料は介護保険等全て含めて
約280ユーロ、
収入が3000ユーロの場合は
約550ユーロとなります。

会社員の場合、雇用者が半額負担をしてくれますが
自営業者は全額自己負担となるので
被雇用者だった人には余計に
高い!と感じるのではないでしょうか。

2018年までは最低査定収入額が
2282,50ユーロ、
最低保険料が417ユーロだったのですが、
多くの自営業者はこの高額の支払いをする余裕がなく、

2022年現在では
最低査定収入額1096,67ユーロ、
最低保険料が153,53ユーロ
となっています。

その背景として
健康保険会社は
保険料の延滞をどんどん増やしており、
2018年の統計では 61 億 5000 万ユーロ
という新記録に達しました。
健康保険会社の収入不足は、
年間 7 億 5000 万ユーロと推定されています(2018)。

以前は、自営業者は標準よりも高所得者である
と見なされていました。
しかし一方で、従業員を持たず、
収入がほとんどない自営業者もたくさんいます。
ドイツでは、就業者の約 10% が自営業者、
その内ほぼ 60% が個人経営者であり、
IT ワーカーやコンサルタントとして
高収入を得ている人もいれば、
看護師、保育士、タクシー運転手、市場の露天経営者
として収入が少ない人たちもいます。
現在、130 万人を超えるフルタイムの自営業者が
法定健康保険に加入しており、
年々増加傾向にあります。


法定健康保険とプライベート健康保険

 

あまりにも保険料が高くなってしまったので、
比較検討のため今までは考えていなかった
プライベート保険について
調べてみました。

が、下記のようにいろいろと不利になってしまうことがあり
断念。

・まだ若くて持病がなければ保険料は安いが、
 もう若くないし、年齢とともに金額も上がっていき、
 高齢になって仕事を辞めても高い保険料がかかってしまう。

・プライベート保険から法定保険に戻ることができない。
(社会保障拠出の対象となる雇用関係を結んだ場合にのみ、
法定健康保険に切り替え可。
ただし、所得が法定保険の限度額以下である必要がある)

・法定保険の場合、子供と
 パートナーも無職、あるいは低収入であれば
 家族保険に加入可だが、
 プライベート保険はそれぞれが加入、
 支払いする必要がある。

ちなみに被雇用者の場合は年収が
64.350ユーロ以上、
あるいは月収が
5.362,50ユーロ以上、
の場合にのみ加入可です。
プライベート保険が
「金持ち保険」
と言われるゆえんですね。
自営業者の場合は、
そういった制限はありません。

どちらの保険にするべきか検討する場合に
注意する点として、

法廷保険はまず間違いを犯すことがなく、
追加サービスと低額の追加支払いを除けば
保険会社間の差異はほとんどありません。

何か変更があった場合も
後から容易に変更可能です。

プライベート保険の場合、
どれを選択するかは、
希望するサービス パッケージと
発生する月々の費用に大きく依存します。
また法定健康保険への再切り替えが基本的に
できないことも大きく検討すべき点です。

多くの保険会社が
意思決定に役立つサービスの概要を
オンラインで提供しています。
連邦保健省も、その Web サイトで
いくつかのリソースを提供しています。
 リサーチする場合、
中立的な情報源を使用して、
選択する保険会社について
できるだけ多くの情報を
収集することがまず重要となります。

 

私の健康保険加入状況の推移

 

私の場合失業から起業することを決めたため、
失業保険をもらっている間と
起業することを決定後
起業支援金(Gründungszuschuss)を
支給してもらっている間は
そこから保険料支払いとなりました
(6か月+9か月追加支援金)。

その後はまだ収入が少なかったので
夫の家族保険に加入
(私の加入している保険会社では
月収470ユーロまで加入可(2022年現在)。

約一年後ぐらいにその額を超えてしまったので
任意で同じ保険会社に自営業者として
改めて加入し、
最初の2年は最低保険料で済みましたが、
収入が増えたため
保険料ががつんと増えてしまい、
現在に至ります。

 

健康保険料の負担を減らすには?

 

あまりにも高い保険料に
いい対策法はないかとネットで調べてみましたが、
書いてあるのは要は
「とにかく払えるだけ稼げ!」
とういうことで(笑)、
収入に応じた保険料を
減らすことはできないので、
アドバイスとして

・コスト削減
・優良顧客の新規開拓等による収益増加。
・十分な収入と保険料を問題なく支払うために時給に換算すると
 どのくらいの金額が必要となるのか計算してみる。

といった至極当たり前のことが書いてありました・・・。

ちなみに前回の所得税査定時と比べて
利益が25%以上急激に落ち込んだ場合、
自営業者は条件付きで健康保険と介護保険の負担を
減らす申請をすることができます。

たまになんだか保険料や税金を
ちゃんと払い続けるために
働いているような気がして
悲しくなってしまう時がありますが、
結局はコツコツとがんばっていくしかないんでしょうね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。