ドイツ – コロナ感染者数の増加

コロナ防疫州令の改定

 

秋休みが終わり、今日からまた学校が始まりました。
7日間指数(直近7日間の人口10万人あたりの新規感染者数)が50人を超えるなど、
私の住んでいる州全域で引き続き新型コロナ感染の拡大が残念ながら続いています。
そのため10日程前よりコロナ防疫州令が改定され、
感染拡大防止措置が強化されました。

外でも歩行者天国など、
人出が多く間隔をとることが難しい場所でのマスク着用が義務づけられたり、
公共空間(レストランを含む)で会合できる人数は、
2世帯までの家族などの場合を除き、
最大5人に制限されました。
また飲食店の営業、
ならびにアルコール類の販売は23時から6時までの間禁止されました。 秋休み中の土曜日お昼前ぐらいに買い物に行ったところ、
いつもは人でごった返しているのに半分ぐらいの人出で驚きましたし、
いままではお店に入る時にマスクをしていましたが、
街中ではみなさん外でもしっかりマスクをしていました。
また入店規制も強化されたため、
人出は減っているのにお店の前で並んでいる人が結構いる、
という異様な光景になっていました。

こないだまでは感染予防をしっかりして、
少人数で食事に行ったりしていましたが、
今日久しぶりに会う友達との約束は念のためキャンセルになりましたし、
これからはまた外出は控えることになりそうです・・・。

それから6月の日本行きをキャンセルし、
旅行会社からの返金をずーっと待っていたのですが、
4か月後の先日やっと航空会社から申請が承認されて、
費用の全額か一部が支払われる、
というメールが旅行会社から来ました。

家族分だとかなりの大金なので、
どうなるかすごく心配でしたが少しほっとしています。
全く返金されなかったり、
倒産してしまった旅行会社もあるようなので、
返金されるだけましだと思いたいですが、
あとは何パーセント返金されるすごく気になっています。

航空会社から直接チケットを購入していた場合は
すんなり返金されたようですが、
旅行会社を通してだと手間と時間がかかるようです。
私もメールして、電話して、相手を納得させて返金できるようにして、
と大仕事でした。

 

学校でのコロナ対策

 

子供の通う学校からも、
・近日中に各クラスに検温器を装備する
・換気の強化
・マスク着用範囲の拡大
・危険区域から戻ってきた場合の対処などについての連絡がありました。

実際に知人や友人、
また子供のクラスメートの知人や友人が感染した、
という話は前よりも頻繁に聞くようになったと思います。

 

仕事の状況

 

仕事関連ではいまだに日本郵便のSAL便がストップしていて、
日本からの荷物はずっとDHLエクスプレスで発送しています。
転送会社に問い合わせたところ、
まだ再開のめどは全然立っていないそうで、
年内は無理そうだとのこと。

ドイツから日本への発送は6月から再開しましたが、
DHLで私の場合、1キロにつき1.45ユーロの追加料金がかかっています。
 また今まで月次決算をお願いしていたデジタル会計会社が倒産の危機にあり、
解約となってしまいました。
なので当面は年次決算をお願いしている会計士に月次決算もお願いして、
新しい会計会社を探す予定です。

コロナ禍の中いろいろな変化があり、
胃が痛くなることもありますが、
臨機応変に対応し、
ベストを尽くすしかないと思っています。

みなさんも健康には十分気を付けてがんばっていきましょうね!

イラスト引用

Freepik – jp.freepik.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。