ドイツで起業してから その③ ~起こる問題~

アマゾンアカウントがハッキングされる!

一番大変だったのはアマゾンの販売アカウントをハッキングされたこと。
販売を開始してから9か月目のことでした。
まだ日が浅いセラーが狙われやすいと後で聞きました。

いきなり私が全く販売していないフランス・アマゾンで高額な洗濯機やスマホなどを売っていることになっていて、かなり安価で販売しているようでどんどん売れていくのです(結局合計1万2000ユーロ程販売したことになりました)。
お客様からの質問メールもバンバン届きパニックに!
とにかくすぐにアマゾンに連絡しどうすればいいか聞いたのですが、反応も遅く、その後私の販売アカウントが凍結されてしまい、また販売できるようになるまで2週間以上かかってしまいました。
今だったらもうちょっと上手く対処できたかもしれませんが、いかんせんビギナーだったのであせりにあせってしまいましたし、どうすればいいのかちんぷんかんぷん。
このトラブルはしばらくかなりのトラウマになってしまいました。

 

お客様とのトラブルは?

お客様とのトラブルは荷物が届かないことがちょこちょことあるくらいであまりありません。
私から購入していないのに故障したので新しい商品を送ってほしいという強者が一人だけいました。

 

荷物の紛失は?

DHLは意外にも?!荷物を紛失されたことはほとんどなく、Deutsche Postのほうが書留で送っても紛失されることが多いです。
今までに数回弁償してもらいました。

 

ドイツでジャパニーズ・サービスを

あくまでも私見ですが、日本の商品に興味がある購入者はいい人が多いような気がします。
親切で丁寧な方が多いですし、今までお客さんとのやりとりでほとんどいやな思いをしたことがありません。

ドイツでも日本のサービスを提供すること売りにしているので、発送も返信もなるはやで行うようにしているのですが、それに対しての評価もしっかりいただいています。

いつも一番の心配事は日本からの荷物が無事届くかどうかです。

詳しくはこちら。

 

こちらもチェック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA