私のおもしろ日本語Tシャツベスト3

私のおもしろ日本語Tシャツベスト3

 

以前旅で出会ったおもしろ英語ベスト3について書きましたが、
今回は日本や外国で見つけた
私のおもしろ日本語Tシャツベスト3
を紹介したいと思います。
ネットでもよく話題になっていますよね。

 

日本で間違った英語やフランス語のTシャツって
結構簡単に見つかります。
間違いドイツ語商品も夫が何度か発見していて、
いつも嬉しそうに写真に収めています
(悪趣味ですが・・・)。

 

ドイツでも日本語が書かれたTシャツやタトゥーを
見かけることがあります。
以前はインターネットサイトから適当に
日本語を抜き出しただけの
ひどいクオリティのものも多かったですが、
最近はもうちょっと意味を考えて使っているように思います。

 

イギリスのカジュアルブランド
「Superdry  極度乾燥(しなさい)」
はドイツでも人気で、
最初はあまりのネーミングのすごさに
ドン引きだったのですが
(ビールのアサヒスーパードライみたい)、
実はクオリティが良くお値段もそこそこします。
うちの長男と夫のお気に入りだったりして、
リュックやTシャツを持っていたりします。

 

 

夏の小旅行でレストランに行った時に、
ドイツ人の中年男性が
「武士に二言はない」
というTシャツを着ていて、
夫は喜んで声を掛けていましたが、
ちょっと引かれていましたね・・・。
ちなみに意味はだいたいわかって
着ているとのことでした。
このTシャツはここ最近の一番のヒットです。

 

印象的だったタトゥーはだいぶ昔のことですが、
夏のビアガーデンで
20代男性の左腕上下ほぼいっぱいに
「永遠に自由」と彫られていたことです。
私が思わずじっと見つめてしまったら、
サッと隠されてしまいました・・・ごめんね。

 

ではではベスト3を紹介したいと思います。

 

 

3位 困った息子&娘です

 

 


 

このTシャツは夫が小学生の時に
日本で見つけて妹とペアで買い、
一緒に着て歩いて街行く人にクスッと
笑ってもらったものです。
ハーフの子供がペアで着ていたから
余計におかしかったんでしょうね。

 

それからというもの夫は今でも
おもしろ日本語Tシャツの大ファンなのですが、
なかなか彼の琴線に触れるものが
見つからないと嘆いています。
日本語の勉強が足りないせいだとも思いますが(笑)!

 

ネット調べたら、困った息子&娘は
まだ売っていたので!
こっそり二人の誕生日プレゼントのために購入しました。
ケチって船便で送ったので、
無事に届くことを祈るばかりです。

 

 

2位 癇癪持ち

 

このTシャツは
イタリア映画『踊れトスカーナ!』
1996年/原題IL CICLONE
で主人公の青年、レバンテが着ていたものです。

当時イタリアで大ヒットを飛ばした、
陽気なラブ・ストーリー。
のどかな田舎町で退屈な日々を送っていた男と、
突然現れたフラメンコ・ダンサーとの恋の行方を軸に、
村人たちの人間模様をユーモアたっぷりに浮き彫りにしてゆく
というのがあらすじです。

 

予告

 

映画を見ていたらいきなりイタリアの田舎町の
青年がこのTシャツを着ていたので
かなりの衝撃と共に
たくさんの中からこの言葉をチョイスするセンスに脱帽。
画数が多いのも気に入った理由の一つに違いないと推測します。

もうほぼ四半世紀も前の映画なのに、
印象に残りすぎていて
映画のタイトルもしっかり覚えていて
自分でもビックリでした。

 

 

1位 休火山

 

昔仕事関係で一緒だった人が
ヨルダンで働いていた時に、ホームステイしたご家庭の
8歳くらいの男の子が着ていたトレーナーに
書いてあったのを思い出話として
教えてもらったのですが、
とても印象に残っています。 ネットで検索したところ、
残念ながら「休火山」の
トレーナーやTシャツは売っていませんでした。

富士山 大噴火ならあったんですけどね。

私的にはこのトレーナーを
子供が着ているのがポイントで、
「俺は今休んでいるところだけど、
いつか大噴火してやるぜ!したらすごいんだぜ!」
という野望が隠されているようで
私の中で大ヒットでした。

いかがだったでしょうか?
海外旅行ができるようになったら
是非いろんな国で
おもしろ日本語Tシャツを
探してみて下さい。

 

旅の中で出会うおもしろ英語

旅の中で出会うおもしろ英語

コロナ禍で旅行に行けないので、
今まで旅した中で出会ったおもしろ英語について
今日は書こうと思います。

 

一番楽しかった旅

最近は日本に里帰りするだけでせいいっぱいで、
なかなか他の国に旅行に行けませんが、
若い時はヨーロッパを中心にあちこち旅行をしました。
特に思い出深いのは、
スペイン留学の後に親友と
スペイン南部、モロッコ、ポルトガルをバックパックで1か月程旅したことです。

ポルトガルのリスボンでひどいホテルに泊まったり
(万博で値段が倍に跳ね上がっていたけど
屋根裏の小さな窓しかない薄暗い部屋で、
ダニがいそうなベットにシーツには穴、
シャワーもお湯が出ない!
一日でギブアップでした・・・)、

ナザレでは泊っていた安宿のおばちゃんに
半ば強引に連れていかれたレストランでぼられてもめにもめたり、

ユーラシア大陸最西端のロカ岬で
ジントニックをオーダーすれば
おそらくほぼ作ったことがないらしく、
言い訳しながら作り方を確認された上に
ビール用の大きなグラスに80%はジンと思われるものを出され、
半泣きで飲み干したり(値段が高かったので)、

ハプニングはきりがないほどありましたが
お互いに今でも人生で最高の旅となりました。
一度はぶつかるだろうと覚悟していたけれど、
ケンカすることもなく友情もいっそう深まりました。

 

おもしろ英語 ベスト3

さて本題に入ります。
旅行をしていると
お互い英語のネイティブスピーカーじゃないことによって
起こる化学変化で?!
おかしな英語表現ややりとりがが生まれることってありますよね。

私の中のベスト3を紹介します。

 

3位 Hashimoto finish! I knooooow! (モロッコ)

スペインのタリファから1時間ぐらいフェリーに乗ってモロッコのタンジェへ。
私の初めてのイスラム世界でした。
港に着いたとたん絨毯の押し売りがすごいから!
と聞かされ覚悟していましたが、何にもなくて肩透かし。
が、この日は人生で一番モテた?
男性に声を掛けられた日でした!
少なくとも合計50人には話しかけられたと思います。
しかもみんな必ずと言っていいほど日本語で
「こんにちは。」とか「さよなら。」、「ありがとう。」
とあいさつしてくれました。でもそこまでが限界。

そんな中一人の若者がいきなり、
「Hashimoto finish! I knooooow! 」
と自慢げに言ってきてびっくり。
当時ちょうど橋本政権が交代した時で
そんなことをタイムリーに知っていることにびっくりで
インパクト大&高ポイントでした!

 

2位 I live here. (モロッコ)

モロッコでなにもかもが新しい体験の中、
道を歩いていると
いきなり私たちの後を付けてくる中年の男性。
しかも小声で遠慮がちにですが勝手にガイドをし始めました。
「ここは美術館だけど今日は閉まってる。」
って感じで・・・。

ガイドは必要ないとはっきり断ったのですが、
それでもあきらめずについてきます。
無視し続けていたのですが、
5分ぐらいたってもまだ後をついてくるので
ついに友達が切れてしまい、
「What are you doing here!!??」(あんたここで何やってんの!!??)
と怒鳴ったら答えが、
「I live here.」(私はここに住んでいます)

という超意外な答え、そして間違ってない、だったので
友人と二人でズッコケそうになってしまい、
あまりに間抜けな返事に怒る気も失せてしまいました。
もう一度丁寧にお断りして事なきを得たのでした。

 

1位 Are you sure?(エジプト)

これはその友人がエジプトを一人で旅した時の話なのですが、
ピラミッドを訪れるとエジプト人男性に声を掛けられました。
エジプト大学で考古学の教授をしているというめちゃめちゃベタな肩書です。
うーん、すごくあやしい、と思ったのですが、
なかなか積極的にナンパしてきます。
しばらく話していると、いきなりキスしようとする暴挙に出たので
「No!!!!」
と叫んだ答えが

「Are you sure?」(マジで?)

?!この自信はいったいどこからくるんでしょうか!?
友人はまたもや拍子抜けをくらい、あまり怒ることができなかったそうです。

私も昔日本の電車の中で、
ニューヨークから来たアメリカ人という男性に声を掛けられたことがあったのですが、
なぜか英語が下手・・・。
いやいやバレますよ、それじゃあ。
どちらの男性もきっと女子に受けるだろうと想定してやっているんでしょうね。

こうやって書いてみるとほんと楽しい思い出です。
やっぱりハプニングこそが旅の醍醐味ですよね。
年を取ってしまって、
もうこういう旅はできないかもしれないけど、
早く自由に旅行できる日が来ますように。

Lebensmittel Vektor erstellt von macrovector – de.freepik.com