旅の中で出会うおもしろ英語

コロナ禍で旅行に行けないので、
今まで旅した中で出会ったおもしろ英語について
今日は書こうと思います。

 

一番楽しかった旅

最近は日本に里帰りするだけでせいいっぱいで、
なかなか他の国に旅行に行けませんが、
若い時はヨーロッパを中心にあちこち旅行をしました。
特に思い出深いのは、
スペイン留学の後に親友と
スペイン南部、モロッコ、ポルトガルをバックパックで1か月程旅したことです。

ポルトガルのリスボンでひどいホテルに泊まったり
(万博で値段が倍に跳ね上がっていたけど
屋根裏の小さな窓しかない薄暗い部屋で、
ダニがいそうなベットにシーツには穴、
シャワーもお湯が出ない!
一日でギブアップでした・・・)、

ナザレでは泊っていた安宿のおばちゃんに
半ば強引に連れていかれたレストランでぼられてもめにもめたり、

ユーラシア大陸最西端のロカ岬で
ジントニックをオーダーすれば
おそらくほぼ作ったことがないらしく、
言い訳しながら作り方を確認された上に
ビール用の大きなグラスに80%はジンと思われるものを出され、
半泣きで飲み干したり(値段が高かったので)、

ハプニングはきりがないほどありましたが
お互いに今でも人生で最高の旅となりました。
一度はぶつかるだろうと覚悟していたけれど、
ケンカすることもなく友情もいっそう深まりました。

 

おもしろ英語 ベスト3

さて本題に入ります。
旅行をしていると
お互い英語のネイティブスピーカーじゃないことによって
起こる化学変化で?!
おかしな英語表現ややりとりがが生まれることってありますよね。

私の中のベスト3を紹介します。

 

3位 Hashimoto finish! I knooooow! (モロッコ)

スペインのタリファから1時間ぐらいフェリーに乗ってモロッコのタンジェへ。
私の初めてのイスラム世界でした。
港に着いたとたん絨毯の押し売りがすごいから!
と聞かされ覚悟していましたが、何にもなくて肩透かし。
が、この日は人生で一番モテた?
男性に声を掛けられた日でした!
少なくとも合計50人には話しかけられたと思います。
しかもみんな必ずと言っていいほど日本語で
「こんにちは。」とか「さよなら。」、「ありがとう。」
とあいさつしてくれました。でもそこまでが限界。

そんな中一人の若者がいきなり、
「Hashimoto finish! I knooooow! 」
と自慢げに言ってきてびっくり。
当時ちょうど橋本政権が交代した時で
そんなことをタイムリーに知っていることにびっくりで
インパクト大&高ポイントでした!

 

2位 I live here. (モロッコ)

モロッコでなにもかもが新しい体験の中、
道を歩いていると
いきなり私たちの後を付けてくる中年の男性。
しかも小声で遠慮がちにですが勝手にガイドをし始めました。
「ここは美術館だけど今日は閉まってる。」
って感じで・・・。

ガイドは必要ないとはっきり断ったのですが、
それでもあきらめずについてきます。
無視し続けていたのですが、
5分ぐらいたってもまだ後をついてくるので
ついに友達が切れてしまい、
「What are you doing here!!??」(あんたここで何やってんの!!??)
と怒鳴ったら答えが、
「I live here.」(私はここに住んでいます)

という超意外な答え、そして間違ってない、だったので
友人と二人でズッコケそうになってしまい、
あまりに間抜けな返事に怒る気も失せてしまいました。
もう一度丁寧にお断りして事なきを得たのでした。

 

1位 Are you sure?(エジプト)

これはその友人がエジプトを一人で旅した時の話なのですが、
ピラミッドを訪れるとエジプト人男性に声を掛けられました。
エジプト大学で考古学の教授をしているというめちゃめちゃベタな肩書です。
うーん、すごくあやしい、と思ったのですが、
なかなか積極的にナンパしてきます。
しばらく話していると、いきなりキスしようとする暴挙に出たので
「No!!!!」
と叫んだ答えが

「Are you sure?」(マジで?)

?!この自信はいったいどこからくるんでしょうか!?
友人はまたもや拍子抜けをくらい、あまり怒ることができなかったそうです。

私も昔日本の電車の中で、
ニューヨークから来たアメリカ人という男性に声を掛けられたことがあったのですが、
なぜか英語が下手・・・。
いやいやバレますよ、それじゃあ。
どちらの男性もきっと女子に受けるだろうと想定してやっているんでしょうね。

こうやって書いてみるとほんと楽しい思い出です。
やっぱりハプニングこそが旅の醍醐味ですよね。
年を取ってしまって、
もうこういう旅はできないかもしれないけど、
早く自由に旅行できる日が来ますように。

Lebensmittel Vektor erstellt von macrovector – de.freepik.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA