3年半ぶりの日本里帰り-2 日本滞在編

あれだけ早く帰りたいと思っていたはずなのに、
不思議なもので
昔見慣れていた景色は
すぐに私の中で馴染んでいき、
あまり久しぶりな感じがしなくて
自分でもびっくりでした。

が、最近さらに暑くなってしまっている
日本の夏にはもう全く対応できず。
忙しさに加えてこの暑さで
かなり体力を消耗してしまいました。

そんな暑さの中、
外でもマスクをしている人々は
慣れてるとはいえ
私たちには驚きでしかなかったです。
ドイツではもう病院と公共交通機関
以外ではマスクは必要なくなりました。
最初は外でもマスクをしてみましたが、
あまりの暑さに降参!
人目はちょっと気になったけど、
人混みでなければ
外でマスクするのはやめることにしました。

海外から里帰り組はみなさんそうだと思いますが、
日本に行くとやることがありすぎてとにかく忙しい!
毎回どこまでできるか体力一本勝負、といったところです。
今回は無理のないよう休憩日もはさんでおいたのに、
滞在最終日あたりはもうへとへとになっていました。

家事、仕事(パソコンがあればどこでも)、
子供&両親のお世話、子供とお出かけ、
友人と会う、買い物、実家の片付け・・・
普通の生活しながら旅行してる感じ、
といったところでしょうか。
お世話する人数も倍になってるし。


それでも日本滞在は楽しいことだらけ!
まずは食事。
こんなに美味しいものを日頃食べられないなんて
人生めちゃくちゃ損していると
いつも感じています・・・。
次回のブログはおいしいもの写真特集を
したいと思っています。

歩行困難でほとんど出かけられない両親のためもあって、
今回は鰻、お刺身、明太子、ラーメンなどを
ドイツで事前に注文しておいてお取り寄せ。
やっぱり和食ばっかり食べてました。

夜は父と毎日のようにおいしい焼酎で晩酌。
晩酌が何よりも楽しみな父にとって
(そのためにどうにか実家に留まりたい)、
娘と一緒に飲めるのはとてもうれしそうでした。
一押しは「魔王」と同じ酒蔵が作っている「克」です。

https://higashi-sz.com/products/katsu-shin-mutekatsuryu/

昔は焼酎をぜんぜん飲まなくて、興味が出てきたのはここ最近。
年を取ったせいなのか甘いお酒があまり好きじゃなくなりました。

スーパーに行くだけでも楽しい。
今回は3人でスーツケースを5個持って行き、
行きは甥っ子ちゃんへのお古をたっぷり詰め込み、
帰りはドイツに帰る前に食料の買いだめ。
これも子供が大きくなったからできること。

コロナでどうなるかわからず
申し込めていなかった
小学校の体験入学も
友人のおかげですんなりと手続きでき、
急遽3日間通わせてもらうことに。
小6で最後のチャンスだったのでホントによかったです。
あんなにいやがっていた本人も
やっぱりふたを開けてみればすごく楽しかったようで、
最終日に先生に様子を伺ってみたところ、
授業中に手を挙げることもあって
先生もビックリだったそうです。

この素敵な経験に欲が出てしまい、
来年中学校の体験入学も
チャレンジしてみようと思っています。
そしてダメもとで自分の母校に連絡を取り、
高校生の息子も1日でもいいから体験入学できないか
聞いてみようと思います。
息子もその気になっていて、
がぜんやる気が出ている母さんです。
すごく楽しい高校だったので。

観光もしました。
外国人観光客も少ないし、コロナ自粛もあって
どこも空いていてよかったです。
京都の清水寺に夕方行った時には
観光客が20人程しかいなくて
ほんとにビックリ。
静かな中ゆっくりと参拝することができました。

子供たちお初のディズニーランド。
まだ夏休み前の平日にいったおかげで
長くても20分待ちとこんなに空いているのは初めてでした。
開園朝9時からほぼ夜の9時まで遊び倒して
(私はもう帰ろうと何度も言ったんだけど・・・)
次男が撃沈(私も限界)。

実家にちょっと遠いが帰れないことはないけど
ホテルを予約しておいて大正解でした。
なんて贅沢~。
夢の国はやっぱり期待を裏切らず楽しかった!
歩き疲れてしばらくは足が言うことを聞きませんでしたが・・・。

誰も病気にならず、
病院のお世話にもならず、
無事ドイツに帰ってこれたことに感謝です。
また来年も楽しむぞ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA