ドイツで起業するまで その② ~兄との仕事&海外でのオンライン販売~

オンライン販売の勉強スタート


私はオンライン販売業に関しては全くの素人だったので、
失業中の夏休みに日本に行った時になるべく業界の先輩である兄に会って、
立場は逆ですが(私は日本から輸入、兄は日本輸入)
直接オリエンテーションをしてもらいました。

いろいろと話を聞いて納得し、
自分の中でGOサインを出すことができたらドイツに帰ってから本格的に起業の準備を始めようと計画していました。

兄こそが私にドイツでの輸入&ネット販売を提案してきた人で、
私より2年程早く日本で輸入業及びオンライン販売を始めていて
(アメリカ、ヨーロッパから主におもちゃを輸入)、
積極的に関連するセミナーにも頻繁に出席していたので、
かなりのノウハウを取得していました。


先輩である兄に教わったこと


兄から教わったのは例えば、

購入する商品のリサーチの仕方
Chromeの拡張機能を最大限に利用する方法
商品を購入するサイト
アマゾンへの登録から販売までの方法
販売金額の設定方法・利益率について
商品の選定方法、注意点
お客様からの評価の重要性について
購入・販売の際の注意点

などです。


たちまち仲良し兄妹に?!


ここから私たちの今までなかった密なコミュニケーションが始まって行き、
なんだ兄って実は気遣いのできるいい人だったんだなあ、
ってことがあらためてわかりました(笑)。

兄妹とはいえ、
メールの冒頭に
「忙しいところ、いつもありがとう。」
とか
「すぐに対応してくれて助かったよ。」
などの気遣いの言葉は嬉しいものですよね。

3つしか年の差がないのに、
私が小さい時はものすごく可愛がってくれた兄。
今でも4歳のお誕生日に駄菓子屋さんに連れて行ってくれて、
「好きなもの買っていいよ!(ドヤ顔)」
って言ってくれたことなど、
優しくしてくれた思い出は忘れもしません。

ですが大人になってからは連絡取り合うことがあまりなくなってしまい、
「明日結婚する!」
って言われても驚かないぐらいの距離ができてしまっていました。

なのでそれまでは兄のお嫁さんとのほうがよく連絡を取っていましたが、
今では兄とほぼ仕事関連の話ですが毎日のようにラインしたりしてます。

このビジネスを兄と協力してやることになって一番喜んだのはやはり両親。
兄妹で助け合っているのを見るのは嬉しいものだし、
何かあった時にも安心、
って思うんでしょうね。

 

家族ビジネスで大事なこと


兄いわく、
家族ビジネスで一番大事なのはなーなーな関係にならず、
しっかりお互い報酬を払い合うこと。
同族会社などで失敗しているところはそれが原因になっているところが多いようです。

兄の提案通りこれをしたらいくら、
とあらかじめ相場を基に金額を設定しました。

また当たり前かもしれませんが、
依頼された業務を優先的に行って、
最速で対応できるようにしています。

今のところケンカすることもなくうまくやっています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA