今年の夏休みもドイツ国内で 2021年夏

今年の夏休みもコロナ禍のため
もう2年半ぐらい会っていない
年老いた両親のことが心配になりつつ
日本行きの可能性をあれこれと考えた末断念したため
やる気はだだ下がりで、
なかなか別プランを計画する気になれませんでした。
去年の夏休みは子供が退屈しないように
あれこれとプランを立てましたが、
今年は燃え尽きた感満載。

夫が遠くに住む義父を訪ねようと
提案していましたが、
正直いろいろとめんどくさくてすぐには首を縦に振れず。

それでも夏休みは容赦なくどんどんと近づいてきて、
まずは子供たちの希望で絵画教室の1週間コースに
申し込みをしました。
ちょっと遠かったけれど
初日だけ連れ行けば後はもう自分たちで
通ってくれたので
仕事もできて一石二鳥でした。
家にはないいろいろな画材が使えて
なかなか楽しかったようです。

そして他にいいプランも浮かばず、
やっと夫の提案を受け入れることに。
2週間と言われたけれど
義理実家でその長さは持たなさそうだったので
私だけ仕事を理由に1週間早く帰ることにしました。
こういう時も自営業であることって
適当に言い訳出来て便利ですね!

もう最初から旅行よりも1年ぶりに
一人の時間が持てることが楽しみで仕方ありませんでした。
そして先に帰るという選択は大正解。

義理父のマイペースぶりは昔から他に類を見ませんでしたが、
歳を取って拍車がかかったようです・・・。
乗る気じゃなかった旅行も
まだ行ったことのない周辺の街を訪ねる等
プランを立てモチベーションを上げるよう努力し、
義理父にもあらかじめ連絡しておいたのです
が!

結果として希望の場所に行けたのは最終日に1か所だけ・・・・。
それ以外は毎日のように義理父思いつき、
あるいはホウレンソウなし(報告、連絡、相談なし)プランで
親戚、彼の友だちや知り合いに毎日会って終わった感じです。
でも後でよく考えたら前からいつもそうで、
ブランクがあったので
すっかり忘れてしまっていました。
あるいは思い出したくなくて
心の引き出しの一番奥にしまっていたのかも(笑)。
もう今まで何度も今日は物申してやる!
と思ったのですが
いつも義理父の愛嬌にやられてしまい、
言い出せずじまいだったのでした・・・。

例えばある日の一日・・・。
もう明日何をするか子供たちとも相談してあったのに、
義理父が突然、
「○○が奥さんの実家訪問で近くに来ていて(彼は私も知っている人)、
○○の妹家族と会うらしいから私たちも会いに行こう!」
と、朝早くから車で1時間半くらいの観光地へ。

早起きさせられた上に、
シャワーを浴びていたら
8時から会議と聞いていたバリキャリな義理父の奥さんが
まだ家にいて早くしろと洗面所のドアをドンドンドンドン!
朝は特に邪魔しないようにと
すごく気を使っていたのにこの有様。
だから来たくなかったのにぃ。

ちなみに義理父は遅刻の常習犯でもあって、
この日も総勢5人(幼子含む)を待たせて約束の時間30分後に到着。
船に乗ったり、散歩したり、公園で子供たちを遊ばせたりして
帰りは夜になり、みんな車の中で寝てしまいました。
「さあ着いたよ~。」
の声で目を覚ますとそこは義理父宅ではなく
ナント夫の従兄弟の家!
何の予告もなし、従兄弟にもアポなし、
そしてこの時点ですでに夜の8時半。

従兄弟の奥さんは慣れたもので、
「いつものことだから。典型的な○○家のキャラだよねー。」

毎日振り回されて溜まっていた怒りと疲れで
もうちょっとでキレそうになりましたが、

いつものように心の中で
「ダライ・ラマ」
を三回唱えて心の平和を取り戻そうとがんばりました。

その従兄弟家族は今まで親族の集まりで
顔を合わせるぐらいで良く知らなかったのですが、
開き直って楽しんでやる!と思いましたよ。
特に奥さんとの会話は白ワインの助けもあって
とても盛り上がり、
さらに会社を経営していてすごい豪邸に住んでいるので、
子供たちもビリアードしたり、ゲームをしたりして
結果オーライ、寝たのは1時を過ぎていました。

義理父の家に帰り、酔っていたので
少し大きい声を出したら
「奥さんが寝ているから静かにしてね。」

って

誰がそうさせたんじゃあ!
ってもうちょっとで言っちゃうところでした。

もう何回怒りをグッと抑えたことでしょう。
でも文句を言っても変わるような義理父ではないので、
もう二度とここにはこない!
と心の中で固く誓うのでした。
友達にはそういいつつまた行っちゃうんだよ、絶対、
って言われましたが、
本当に絶対にもう行きません!

帰りは金曜にするか、土曜にするか
電車のチケットが金曜の方が30ユーロ以上高かったので
一瞬悩んだのですが、
それでも1秒でも早く帰りたかったので
金曜にしておいて本当によかった。
当日はうれしくて、
朝からどうしても頬が緩んでしまうのを
抑えきれませんでした。

残りの一人での1週間は
結局ほとんと真面目に仕事をして
あっという間に終わってしまったのですが、
それでも一人で静かに過ごす時間、
献立に悩まされずにジャンクなものなど
好きなものを好きな時に食べれる自由を
楽しみました。

一人の時間、年に一回じゃなくて
もうちょっとあるといいなあ・・・。 今は様子見ですが、
秋か冬に日本のコロナの状況が落ち着いていたら
父に病気になってもらって
一人で3週間ほど日本に行けないか
こっそり思案中です。
超えるハードルは高いですが
実現できるといいなあ。

Hintergrund Foto erstellt von snowing – de.freepik.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA