ドイツ オンライン販売 アマゾン& ebay  輸出 2020年まとめ&VAT規則の変更

ドイツ オンライン販売 アマゾン& ebay 輸出 2020年まとめ&VAT規則の変更


今日はお仕事の話です。
遅ればせながら2020年のオンライン販売について
ふりかえってみようと思います。

販売&日本からの発送状況



コロナ禍でドイツは長い間多くの店舗がクローズしているので
2020年の売上はかなり伸びました。


2020年の売れ筋は工具で、
No.1商品はのこぎりでした。
家にいる時間が増えたので、
DIYをする人が増えたのではと思います。

ちなみにドイツでは人件費が高いので
ちょっとしたものだと自分で作ったり
修理する人が多いですし、
家を借りると
照明やシステムキッチンも
自分で取り付ける必要があるので
日本よりも工具の必要性が高く、
一家に一台電動ドリルや電動ドライバーが
普通にあったりもします。
なのでIKEA家具の組み立てなんかは
お手の物です(私はいまだに下手ですが)。

また日本ののこぎりは引くと切れ、
ヨーロッパののこぎりは押すと切れる、
という違いがあります。
かんなも同じです。

日本ではやわらかい木材を加工し、
細かい作業が多いため、
引くのこぎりが適しているそうです。

逆にヨーロッパののこぎりは
堅い木を切るのに適しており、
強い力を受けるために刃が厚くなっています。

価格設定も2019年に比べて高くなりました。
ですが未だに日本郵便のSAL 便 が再開しておらず、
ずっとDHL Expressを利用しているため
日本からドイツへの発送料もかなり高くなってしまっています。

12月末に船便で送った荷物も
通常なら1か月程で届くのですが
3か月もかかって3月末に届きました。

今また船便を1件待っているところで
2か月以上経ちましたがまだ届いていません!


アマゾンからのチェックや審査、推奨など



アマゾンはとにかくお客様第一で
セラーにはとても厳しいので、
アマゾンのアカウントヘルスに問題がないよう
最新の注意を払い、
届くメールもしっかりチェックしています。

2020年半ばに2回目の銀行証明書類提出依頼のメールが届きました。
数か月以内の銀行口座の明細を提出します。

また販売できなくなってしまった商品も何点かありました。
メーカーからのクレームが2件、
アマゾンから必要書類を提出しなければ販売できなくなる、
という商品が6点程ありました。
不思議なのは同じメーカーの商品でも
販売していいものとだめなものがあることです。
必要書類の中に
CEマーク(EUで販売される指定製品に貼付を義務付けられる安全マークのこと)
を含んだ商品パッケージの写真も含まれてしまっているため、
認証を取得しない限りは提出できず、
販売を中止することになってしまいます。
期限まで通常2か月程あるのでその間に売り切るか、
他のマーケットプレイスで販売することになります。

メーカーからのクレームの場合は
即日ヨーロッパでの販売は不可となります。


CEマークについて詳細はこちら


それから売り上げが伸びてきたので、
アマゾンからのメールが増え、
貸付や勉強会、全ヨーロッパ販売を
勧めるメールなどが頻繁に来るようになりました。

最近だとオーストリア、オランダ、スウェーデン、ポーランド、トルコと
販売国も増えましたね。

全ヨーロッパ販売は会計士さんが言うにはいろいろと大変らしく、
規模も大きくなく、同じドイツ語なので
オーストリアから始めるのがいいみたいです。
来年、再来年あたりに挑戦できればと考えています。


EU付加価値税(VAT)規則の変更


最後に2021年7月1日から
EU付加価値税(VAT)規則の変更があります。
会計士さんが開いてくれたオンライン説明会に参加しました。
主な変更内容は下記の通りです。



1.消費税識別番号(USt-IdNr.) の登録義務


ドイツが所在地の販売者やドイツに商品倉庫がある場合、
Umsatzsteuer-Identifikationsnummer (USt-IdNr.) (消費税識別番号)
の登録が義務付けられます。
連邦中央税務署(BZSt)に登録されているデータ
(名前、住所、VAT ID番号)がアマゾン、
eBayなどのアカウントに保存されているデータと
一致していることを確認する必要があります。


2. OSS(One-Stop-Shop)の導入


EUは選択制でOSSを導入して、
商品の通関を行います。
これにより、EU内の顧客に対する会社の国境を越えた売上が、
会社の所在地で提出するVAT申告書を使用して
報告することができるという利点があります。
ドイツ以外の国に倉庫がある場合、
B2CではなくB2Bで販売する場合は
当該国でのVAT登録が引き続き必要になります。
またEU内での距離販売(Fernverkäufe・他国への販売)の現在のしきい値は、EU全体の新しいしきい値である10,000ユーロに置き換えられます。


3. 22ユーロの輸入VAT免税の廃止



EUに輸入されるすべての商品は、
金額にかかわらずVATが課せられます。
150ユーロ未満の貨物は、
新たなワンストップショップ (OSS) を利用して販売時に請求するか、
または税関申告者が最終消費者から徴収するようになります。

私の場合、関係してくるのは2のOSS導入です。
今のところドイツのみで販売しているので
登録は必須ではありませんが、
会計士さんに質問したところ
登録方法も簡単なのでやっておいてもよいのでは
という答えでした。
今後のこともふまえて検討していこうと思います。

日本からドイツで販売をしている方は3が特に関係してきますね。

新しい既定についてドイツ語で読んだり聞いた後は
頭をしっかり使って本当にぐったりですが、
やはりしっかり理解しておかないといけないので、
がんばってます。
すごく脳を使っているようで、私の場合はその後
チョコレートやナッツ類がすごく食べたくなるのですが、
みなさんもそんなことありますか?

Geld Vektor erstellt von vectorjuice – de.freepik.com

ドイツ ネット販売 アマゾン & ebay輸出 2017-2020  売上・業務レポート

ドイツ ネット販売 アマゾン & ebay輸出 2017-2020 売上・業務レポート

 
最近仕事のことをぜんぜん書いていなかったので、
今日は起業スタート(2017年末)から
今までの売上や業務について書いていこうと思います。
 
 

売上について

 
起業アドバイザーとの8回の面談の後、
本格的な起業準備を2か月前から開始し、
2017年末から販売を開始しました。
 
資金は1万ユーロ(今のレートで129万円ぐらい)のみ。
ネット販売のお仕事は準備資金があまり必要ないのも大きなメリットです。
最初に備品として購入した大きいものは撮影セット(ライト x 2、撮影ブース)
ぐらいで、経費を除くとあとは商品購入に資金を使いました。
 
一番の稼ぎ時のクリスマスシーズンには
残念ながら間に合わず、
前にも書いたように初月の売上は400ユーロほどでした。
開始時はまだ利益率も低く、ずっと会社員をしていた私には
1ユーロを稼ぐのがどんなに大変かを痛感しました。
まだまだ不安でいっぱいで、
これでやって行けるのかぜんぜん自信がなかったです。
 
なかなか思うような結果が出せずに
挫折していく人も多い、
という話をネットでもよく目にしましたが、
最初の1,2年はモチベーションをキープするのが
本当に難しいですね。
コンサルティング会社に勤めるママ友に
少なくとも3年はがんばってみないと、
と言われその言葉を胸にがんばろうと思いました。
 
2年目ぐらいから少しずつ売り上げが上がって行き、
比例して販売数も増加。
FBAのアマゾン納品も自己発送も
なるべく次の日までには発送するようにし、
お客様のメールにはすぐに返答、
返品などの要望にはなるべく応える、
と自分の中でルールを決めてこつこつやってきました。
 
月の売上が100万円を超えたのは丁度2年後の2019年11月でした。
そこからは伸び率がぐんと上がり、
2020年は売り上げが前年の2倍ちょっと、
純利益が2019年の3倍になりました。
 
2021年の目標は夫の年収を抜かすことです!
やる気がものすごく出るなあ(笑)。
前は夢のまた夢でしたが、かなり現実的になってきました。
今のところ理想通りのゆるやかな右肩上がりの伸び率です。
 
 

Back to the basic この仕事で大事なことは

 
この仕事で大事なことは、
アマゾンやEbay輸出セラーのみなさんも書かれてるし、
あらためて仕事の「いろは」だと思っていますが、
コツコツと真面目に続けること。
めんどくさがらずに
常に新しいこと、できることを見つけて
挑戦してみること。
 
ドイツでもジャパニーズサービスを忘れずに
迅速&丁寧に
対応することだと思います。
 
日本から荷物が到着する時などはかなり忙しいですが、
平均すると一日5,6時間ぐらい働いています。
今は特にコロナ禍で家事や育児の量が増えてしまったので、
仕事の時間が削られてしまったり、
全く集中できなくて
イライラしてしまうことが多いですが、
時間を見つけてできることを
やるようにしています。
 
 

販売商品

 
販売している商品のラインナップもこの3年でだいぶ変わりました。
以前は玩具やフィギア、文房具などがメインでしたが、
今は工具、キッチン用品などの実用品の占める割合が高いです。
ビジネスカスタマーに魅力的な商品を提供すること、
また消耗品など継続して購入してもらえる商品を選ぶことも重要ですね。
 
最初の頃は商品のリサーチほとんど時間をとられ、
なかなか利益に見合ういい商品を見つけることができませんでしたが、
経験を積んでだいぶ慣れてきたように思います。
定番商品もいくつか作ることができました。
が、流行りなどもあるので常に新しい商品をチェックすることが
大事ですね。
 
 

販売方法

 
現在はアマゾン、Ebay、自分のオンラインショップ
の3か所で販売しています。
アマゾンでの売り上げが圧倒的に多く、
アマゾン8割、Ebay1.5割、オンラインショップ0.5割
といったところです。
将来的に自分のオンラインショップでの販売がメインになるよう
SEOや宣伝の強化が今後の目標です。
アマゾンとEbayの評価もだいぶ増えました。
アマゾンは最初の1年は評価がほとんどもらえなくて心配したが、
こちらも3年目ぐらいからコメント率が上がってきました。
やっぱり評価ですごく励まされますね。
しんどいときなどはついつい読み返したりしちゃいます。
やっぱりお客様によろこんでいただけるのが一番なので、
それをいつも念頭に置いてこの一年もがんばっていきたいです!

Goal Vektoren von Vecteezy

日本人自営業者の会 久しぶりの会合

日本人自営業者の会 久しぶりの会合

 

自分の周りの日本人友だちつながりで
自営業やフリーランスをしている人と
年に数回集まって情報交換などをしています。

こここのところコロナ禍でずっとできなかった会合が久しぶりに開かれ、
初めての全員出席&めちゃめちゃ盛り上がりました!
おしゃべりに夢中で仕事の話をあまりしなかったのが反省点ですが、
みんな日本語での会話に飢えていたと思うので、
今回はこれでよかったんじゃないかな。

自営業は孤独だし、
ドイツだと日本よりも情報が集まりにくいので
お互いに助け合ったり、
何か一緒に仕事ができなそう人は声を掛け合ったりしています。

みなさんほとんど職種はばらばらで、
いろんな業界で活躍されています。
今メンバーは10人くらい。

エネルギッシュで根性ある人が多いので
元気とやる気をもらえるし、
ついつい自分の世界に引きこもりがちなので、
異業種の話を聞いて刺激も受けています。

自営業は働く時間も内容も自分で決めることができる自由がありますが、
その反面どうしてもやる気が出ない時や
大きな問題にぶつかった時に背中を押してくれるものがなくて、
仕事が停滞してしまうことがあります。

仲間たちとも自営業は自分のモチベーション次第で
仕事の達成度や成果が違ってくるから怖いし、
コントロールがなかなか難しいね、
といつも話しています。

そんな時に会合でみんなががんばっていることや
苦労話を聞いたり、
愚痴を聞いてもらったり、
アドバイスをもらったりして、
明日からまたがんばろう!
という活力をいつももらっています。

私も仕事をやりすぎないよう、
サボらないよう
程よいさじ加減と妥協点を自分で見つけるのにいつも苦労してますし、

ドイツ語の小難しい書類を10枚ぐらい読まなきゃいけないけど
どうにもやる気が出ない時は、
友達がアドバイスしてくれた
「今日は1枚だけでいいからがんばって読もう!」
というふうに目標設定を低くして必ず達成できるようにする方法を取っています。
そうすることでプレッシャーも減り、達成感も感じられて
あら不思議、いつの間にか全部読み終わってたりします。

またつくづくおばちゃんになったなあと感じるのですが、
仕事でなにか問題があった時も
前より動揺しなくなりましたね(笑)。

「物事にはいつか必ず終わりが来るのよ、大丈夫。」
と昔の職場で自分よりもずっと若いドイツ人の女性に言われたアドバイス、
今でもめちゃめちゃ活用させてもらってます!ありがたや、ありがたや。

トラブルが発生してもこの言葉をおまじないのように心の中で唱え、
心が平静を保てるように努力してます。

周りの人からもらえる何気ない一言ってすごく琴線に触れることがあるなあ、
とつくづく思う今日この頃です。

話を戻すと、
本当は会合でもっと具体的なビジネスの話ができたらいいと思っているのですが、
精神的にプラスになっているだけでも会の意味はあるんじゃないかと私は思っています。

最近はやはりコロナ禍における緊急支援金の情報交換をすることが多かったです。
まだ返金金額や時期が決まっていないので、
どうなるのかみんな心配しています。

もともとこの会、
最初は3人の飲み会から始まり、
自営業やフリーランスをしている人がまわりに結構いることに気づき、
声を掛けて行ったところ少しずつ人数が増えて行ったのでした。

正直前は迷惑や負担になってもいけないし、気も使うし、
仕事の面では周りの日本人友達と距離を取った方がいいと思っていたのですが、
助け合ったり、教え合ったり、
一緒に何か新しいビジネスができてプラスになるのであれば、
どんどん共有した方がいいんだ、
という考えに変わって行きました。

先日友達が、
「やっぱり人は一人では生きていけないし、家族や周りの人に感謝だよね。」
って言ってたのですが、
まさにその通りだと思ったのでした。

これからこの会合からビックビジネスが生まれたら嬉しい限りです!

ドイツで起業 経理業務

ドイツで起業 経理業務

ドイツで自営業の経理

どんな職種でも自営業の場合必ず必要で一番重要といってもいいのが経理業務ですよね。
会社員の時は自分の担当業務だけを遂行すればよかったですが、
自営業になると経理、人事、営業と全ての業務をマルチにこなさなければなりません。

今はいろいろな経理ソフトも出ていますので自分で経理を行うことも可能ですが、
私はもともと経理が苦手なのと、
経理に費やす時間を他のことに当てたいので最初から経理は外注しようと決めていました。

ちなみに月次決算は経理ソフトでも十分だと思いますが、
年次決算はかなり複雑なため会計士さんに依頼することをお勧めします。
また会計士さんによるとアマゾンに関する経理はかなり複雑なので専門家にまかせたほうがいいとのことです。

 

会計士の見つけ方

私の場合、まずネットで同じ市に事務所がある
(何かあった場合にすぐ会える方がよいとの起業アドバイザー(Gründungsberater)のアドバイスから)
オンライン販売専門の会計士さんを探し、
一度会って話をしてから決めました
(友人の友人であることがたまたまわかったのでそれが安心材料になりました)。

月次決算の見積額を聞いたところ結構高かったので、
会計士さんには年次決算をやっていただき、
月次決算は会計事務をする方(Buchhaltungsfachfrau)にお願いしました。
これも起業アドバイザー(Gründungsberater)のアドバイスです。

Buchhaltungsfachfrauが引退したいということで、
そのことを機に月次決算は2020年からオンライン販売に特化した会計会社とそのソフトを使用しています。
経費は前より上がってしまいましたが、
ペーパーレスで、
ほぼ領収書などをスキャンあるいはPDF化してダウンロードするだけなのでとても楽だし簡単です。
毎月経理に費やす時間もかなり短くなりました。

残念ながらこの会社はコロナ禍の中倒産してしまったので、
2020年10月から月次決算も年次決算をしている会計事務所にお願いすることにしました。

こちらもDATEVのソフトウェアを使用していてペーパーレス。
慣れるまでにはしばらく時間がかかりますが、使いやすそうです。
久しぶりに会計士さんと担当者にも会えましたし、
使い方の研修もしてくれて
やはり起業アドバイザーが言っていたように
会える距離の会計士を選んでおいてよかったと思いました。

 

オンライン販売以外の職種の場合、こちらの会計ソフトもおすすめです。

「sev Desk」のサイト

画像<a href=’https://de.freepik.com/vektoren/menschen’>Menschen Vektor erstellt von pch.vector – de.freepik.com</a>

ドイツで起業してから その③ ~起こる問題~

ドイツで起業してから その③ ~起こる問題~

アマゾンアカウントがハッキングされる!

一番大変だったのはアマゾンの販売アカウントをハッキングされたこと。
販売を開始してから9か月目のことでした。
まだ日が浅いセラーが狙われやすいと後で聞きました。

いきなり私が全く販売していないフランス・アマゾンで高額な洗濯機やスマホなどを売っていることになっていて、かなり安価で販売しているようでどんどん売れていくのです(結局合計1万2000ユーロ程販売したことになりました)。
お客様からの質問メールもバンバン届きパニックに!
とにかくすぐにアマゾンに連絡しどうすればいいか聞いたのですが、反応も遅く、その後私の販売アカウントが凍結されてしまい、また販売できるようになるまで2週間以上かかってしまいました。
今だったらもうちょっと上手く対処できたかもしれませんが、いかんせんビギナーだったのであせりにあせってしまいましたし、どうすればいいのかちんぷんかんぷん。
このトラブルはしばらくかなりのトラウマになってしまいました。

 

お客様とのトラブルは?

お客様とのトラブルは荷物が届かないことがちょこちょことあるくらいであまりありません。
私から購入していないのに故障したので新しい商品を送ってほしいという強者が一人だけいました。

 

荷物の紛失は?

DHLは意外にも?!荷物を紛失されたことはほとんどなく、Deutsche Postのほうが書留で送っても紛失されることが多いです。
今までに数回弁償してもらいました。

 

ドイツでジャパニーズ・サービスを

あくまでも私見ですが、日本の商品に興味がある購入者はいい人が多いような気がします。
親切で丁寧な方が多いですし、今までお客さんとのやりとりでほとんどいやな思いをしたことがありません。

ドイツでも日本のサービスを提供すること売りにしているので、発送も返信もなるはやで行うようにしているのですが、それに対しての評価もしっかりいただいています。

いつも一番の心配事は日本からの荷物が無事届くかどうかです。

詳しくはこちら。

 

こちらもチェック

 

ドイツで起業してから その② ~一日の仕事の流れ~

ドイツで起業してから その② ~一日の仕事の流れ~

自営業のプラス面

自営業の一番いいところは自分のリズムで働けること。

特に今はまだ子供が小さいので家で仕事ができること、そして彼らの予定に合わせて仕事ができるのはとてもいいことだし、子供が病気になった時会社を休む心配をしたりしなくてよくなったので精神的にもかなり楽になりました。

仕事の合間に休憩や息抜きを兼ねて食事の準備をしたり、洗濯したりできるのも大きなメリットですし、通勤のストレスもなく、通勤時間がない分働けるのも忙しいワーキングマザーには大きなことですね。

またずっと会社員をしていたので今までは与えられた業務を遂行するのがメインでしたし、以前私の仕事内容を把握しておらず、理解してもらえない上司に苦しめられたことがあったので、自分の好きなように仕事ができるのはとても幸せです。

反対に指示を仰いだり、相談する人がおらず、自分でなんでも決断しなければならないのはずっと会社員だった私には厳しい時もあります。
先日たまたま見た日本のコマーシャルで会社の先輩が後輩に「これを試してみろ。」とか「心配するな、大丈夫だ。」と言っているのが懐かしく、ちょっと羨ましくなってしまったりしました。

 

自営業のマイナス面

逆によくないところはエンドレスに仕事をしてしまうこと。

商品は週末特によく売れるので土日も働くことになりますが、自分の中でうまく区切りをつけることが大事だと感じています。
初めの頃は子供が寝てから毎晩のように遅くまで仕事をしていましたが、すぐに体調を崩してしまったのでそれからは無理なくうまくバランスを取るようにしています。

集中して仕事ができるのは子供が学校に行っている午前中の4時間程。

それで終わらない場合は午後や夜もちょこちょこと続けます(たいてい続けることになりますが・・・)。
毎年夏休みが終わってまた誰もいない家で静かに仕事ができるようになると、なんてすばらしんだ!と毎年思います(笑)。
逆に子供に邪魔されながら、全然集中できない中でよくやってるなあ自分、とも思います。

特に日本から荷物が届いた時は一秒でも早く商品をアマゾンの倉庫に送りたいのでいつも夜遅くまで作業することになってしまいます。

 

ルーティンワーク

主なルーティンワークは以下の通り

メールチェック
前日売れた商品のチェック
販売金額チェック(ライバルの販売金額チェック)
売れた商品の配送および管理

商品購入
新規商品検索(時間がある時)
会計業務(月初め)
返品や在庫のチェック

ドイツで起業してから その① ~さあ自営業スタート!~

ドイツで起業してから その① ~さあ自営業スタート!~

初月の実績は

予定より半月遅く商品が販売可能な状況になり、最初は試運転として十数種類、50個ほどの商品をアマゾン、ebay、自分のオンラインショップで売り始めました。

内容はおもちゃ、プラモデル、文房具、キッチン用品などで金額もそれほど高くないものでした(ちなみに15-50ユーロが衝動買いの範疇で、価格設定はこの範囲で、と言われています)。

初月の売り上げは400ユーロ強。

このお仕事は初期投資が少なくても始められるのが魅力ですね。
起業した際に購入したのは商品撮影に必要な照明セットぐらいでしたし、少ない資本からのスタートで購入と販売を繰り返し、本当に少しずつ売上額を増やしては商品の購入数も増加させていきました。
仕事の流れをつかみ、慣れていくためにも小規模から始めたのはいいことでした。
商品購入に重点を置いていたのもあって2018年まではまだ赤字でしたが、2019年には黒字経営になりました。

まずは注文を全て管理するソフトウェア、JTLを使いこなすのが一番の課題でした。
これに関してはIT関連の仕事をしている夫にかなり助けられましたが、結局使うのは自分なので慣れていくしかなかったです。

 

お客様の評価が大きな励みに

Amazonはほとんどの商品をAmazonの倉庫に送り、管理・配送・お客様との連絡もAmazonが行うのもあってなかなか評価がもらえませんが、ebayはスタートから3か月で確か20件ぐらいの好評価をもらえたのでそれがすごく励みになりました。
オンライン販売では直接お客様の顔が見えないのが寂しいところなのでことさら嬉しかったです。

 

いつでも・どこでもジャパニーズサービスを

ドイツでも日本的サービスを提供できるよう心掛けていて、当たり前のことなのですが商品を翌日には発送するようにし、質問等にも当日中に答えるようにするなど、迅速・確実・丁寧なサービスに努めています。
どんなお仕事でもこつこつと努力して信頼を得るのが大切だとつくづく感じています。

新幹線が秒単位できっちり定刻に到着する日本と違って(ドイツ人に話すと感動します)、ドイツでは予定通りに行かないことがしょっちゅう起こり、荷物の発送もしかりでよく遅れます。

日本人の私はちょっと頑張ればドイツではかなり評価してもらえるのでほんと得していると思います。