ドイツでの就職について その④ 入社時に必要な10の提出書類&情報と契約書チェック

今回はがんばった就職活動が実を結び、
さあ契約!となった場合に気を付けること、
会社に提出する書類及び情報について書いていきます。

 

こちらの記事もチェック



契約書チェックと条件交渉

 

通常、

履歴書提出→面接→契約書・労働条件の確認→契約→勤務スタート

という流れになっていきます。

契約時にはサインをする前に契約書をしっかり読んで
(通常前もって送付されてきます)、
給与等の条件確認・交渉をしっかりしましょう。

ドイツ語に自信がない方は、
就職・転職のことがある程度分かっているドイツ人に契約書を見てもらい、
内容に問題がないか、
通常とは異なる条件等がないかどうか確認してもらいましょう。

日本では採用時に被雇用者のほうから労働条件の変更を依頼したり、
交渉することはあまりないと思いますが、
ドイツでは特に給与に関しては前職での金額に沿って
なるべく希望の金額になるよう遠慮せず可能な限りしっかり交渉します。

必ずと言っていいほど交渉するケースが非常に多いです。

前にも書きましたが私はドイツで最初の就職時の面談でまだ何もわかっておらず、
「給料はいくらでもいいので、ぜひ働かせてください!がんばります!」
とやる気を見せるために言ってしまったのですが、
家に帰ってから夫に、
「それ、一番言っちゃいけないセリフだよ・・・。」
と怒られしまいました。

また、例えば面接時には聞いていなかったけれど、
契約書に転勤の可能性があると記載されていた場合、
それを削除してもらうようお願いすることもできます。
ドイツで初めて就職する場合、

労働規約、 勤務形態等日本と異なることがいろいろとあるので、
わからないことがあれば担当者の方にしっかり確認をとりましょう。

 

 

就職先に提出する書類と情報

 

また入社時には基本下記の10の書類と情報を提出する必要があります。

 

 

パスポートコピー/パスポート番号及び期限(Passkopie)

 

(所持している場合は身分証明書のコピー / Personalausweiskopie)

 

保険証のコピー(Krankenversicherungskartekopie)

 

ドイツで滞在許可を得るためには、
ドイツの健康保険への加入が必要です。

 

日本の保険会社の保険や旅行保険はビザ取得のためには無効なこともあります。

 

例えば現地採用の場合、
月平均収入が4800€までは、
法定健康保険(Gesetzliche Krankenkasse)に義務加入します。

 

 

銀行カード、もしくは銀行情報のコピー(Bankkartekopie / -information)

 

Sozialversicherungsausweiskopie(社会保険証のコピー)
12桁のSozialversicherungsnummerが必要 。

 

社会保険番号は年金番号(Rentenversicherungsnummer)とも呼ばれていて、
この番号に年金記録が紐付けられます。

被雇用者になると社会保険料を払うことになるためこの番号が必要になります。
専業主婦でも、 子どもが生まれた場合にこの番号を自動的に取得します。

雇用主は被雇用者が初めて仕事に就くことを知っている場合、
健康保険会社またはミニジョブセンターに申請をします。
その後、ドイツ年金保険(Deutsche Rentenversicherung)から 社会保障カードが送られてきます。

 

Persönliche Identifikationsnummer

これは11桁の数字で日本のマイナンバーのようなもので、
成年・未成年に関わらず個人に割り当てられています。
ドイツに住民登録をすれば、
また子供が生まれたときにも必ず郵便で送られてきます。

 

税識別番号(Steuer-Identifikationsnummer(Steuer-ID))

ドイツで住民登録をしている人すべてに割り当てられる11桁の数字です。

こちらも仕事の有無や納税者、
非納税者にかかわらず、
また、大人だけではなく、
子どもにもこの番号が割り当てられます。

通常住民登録をしてから1~3週間で郵送で届きます。

2013年1月より所得税カード(Lohnsteuerkarte)は廃止され、
電子処理の源泉給与税控除証
(Elektronische LohnSteuerAbzugsMerkmale (ELStAM))
に置き換えられました。

至急税識別番号が必要など、
税務署に直接行く必要がある場合は、
こちらのサイトで管轄の税務署を調べることができます。

 

umzihen.deのサイト

税務署だけでなく他の役所も見つけることができます。

 

Nachweis der Elternschaft wenn nicht aus Kinderfreibetrag ersichtlich

– wegen Pflegeversicherungszuschlag für Kinderlose.

児童手当から確認できない場合の親子証明-子供がいない人の介護保険追加支払いのため

 

Urlaubsbescheinigung des letzten Arbeitgebers

前雇用者からの休暇証明書(前職で同年に取得した休暇日数の証明/ 必要な場合)

 

Unterlagen für vermögenswirksame Leistungen

従業員貯蓄制度に関する書類(利用していて必要な場合)

 

労働許可証 のコピー/期限(Arbeitserlaubnis)

永住許可書がない方で労働許可書がある方のみ
在住許可/期限 または、無期限滞在許可 (Aufenthaltserlaubnis / Niederlassungserlaubnis)
在住許可証(Aufenthaltstitel)に記載してあります。

 

交通費支給の場合は定期代金額確認 (必要な場合)

就職活動中からこれらの書類を準備できていればあわてずに済みますし、
さくっと会社に提出できれば最初から好印象間違いなしですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA